スケジュール
※タイトルや日程は多少変更することもございます。予めご了承下さい。
2008年1月
     
■01.04(金)~01.16(水)   熊谷 守一展
『九十才の春』   今回は直筆の書作品が多く、新年にふさわしい言葉を展示しています。
■01.19(土)~02.01(金) 三浦 隆典 木版画展
『三つの音Ⅳ』   若手木版画家の作品展です。
朝日町、元の立木小学校”あとりえマサト”にて作家活動を続けており、ワークショップなども開催しています。
東北芸術工科大学・東北文化センター発行『東北学』の表紙絵を手がけるなど活躍中です。
豊かな詩情と透き通った空気を感じさせる画面は、見るものを深い思索の世界へ誘います。
2008年2月
     
■02.03(日)~02.18(月) 常設展
     
■02.22(金)~03.02(日) 熊谷 榧 個展
『夕涼みする人たち』(ムンバイ)   今回の作品は、昨年旅したモロッコの風景とカヤさんの生活とは切り離せない冬山の風景。
モロッコの作品は、異国で出会った人の表情、街の賑わい、日本とはまったく異なる風景のコンポジション・・・カヤさんの見方が楽しめる作品が揃っています。
冬の太陽の光を反射した雪、澄んだ空気・・・、年を経るごとに明快で、透明な魅力に溢れています。
2008年3月
     
■03.06(木)~03.16(日) 富樫 勝 手仕事の木工・家具展
『拭漆栗飾棚』   大胆かつ繊細で重厚感溢れ、李朝家具にも通じる富樫勝さんの作品は、庄内の風土の中で育まれてきた彼の身体に内包されたフリミティブな精神が宿る家具、木工作品です。
頑固なほどに謙虚で、作品に向かう敬度な姿勢には、現在うしなわれつつある職人気質を感じ、分野は異なりますが同じモノ作りとして頭の下がる想いです。
互いの作品を通じて刺激しあい、共鳴しあう友人の一人として今回、山形でより多くの方々に知っていただきたく心より願っております。
<月心窯 本村 満文>
■03.20(木)~03.30(日) 青砥 昭修 日本画展
『牡丹』(より拡大)    
2008年4月
     
■04.03(木)~04.13(日)   ― 古典技法で描く草花 ―
田崎 裕子 テンペラ画展
『コンポート』    
■04.16(水)~04.27(日)   第11回花展
-油彩・版画-山形ゆかりの画家による
『高原』 山田修一    
■04.26(土)~05.04(日)   岩田 幸子遺作展
『白牡丹』   残してくれた母の絵は私たちの心の支えとなり生きる証として人生の支えとして絵を描き続けた一人の女性としての母を知る導べともなりました。
生前はご指導いただいた先生方、友人や知人に励まされ描きつづけることが出来ました事に深く感謝申し上げます。この機会にご覧頂ければ幸いです。
<岩田 和恵>
2008年5月
     
■05.08(木)~05.18(日)   日本画野桜会 恵埜賞四人展
『町のそら』   鬼塚堅太 田中敦子 須田千恵 中田朝乃
東北芸術工科大学日本画コース卒業生有志による展覧会「野桜展」第8、9回において恵埜賞を受賞した4人がそろい、新作展を行います。
それぞれの現在をご高覧いただければ幸いです。
■05.22(木)~06.01(日) 榀織に染める 伊藤 純夫・千秋 洋子型染展
型染めテーブルセンター、絹のストール   昭和52年多摩美術大学院を共に修了。その後、型染による創作活動に入る。神奈川県二宮町より南房総丸山町に移り住む。榀職を主な制作素材とした個展・二人展を各地で開催。
2008年6月
     
■06.05(木)~06.15(日)   迫 二郎 ガラス展
香水瓶    
■06.19(木)~06.29(日) 後藤 栖子遺作展
『蔵王秋景』    
2008年7月
     
■07.03(木)~07.13(日) 玉井 信漆芸展
菓子盆 『もみじ』 朱塗   もみじは秋だけではなく、夏でも流水と合わせて使える絵柄の一つ。
■07.31(木)~08.10(日)   油彩 鈴木 晋展
レモンとラディッシュ   新旧合わせて約25点展示致します。独立独歩独自の絵画世界を目指しております。
どうぞ御高覧下さいますようご案内申し上げます。
<鈴木 晋>
2008年8月
     
■08.22(金)~08.31(日) 夏のオークション
展示会風景   晩夏のひと時、自分好みの美術品との出会いを愉しんで下さい。お待ちいたしております。
2008年9月
     
■09.11(木)~09.15(月)   秋の茶道具逸品展
『窯変米色瓷鉢』   初秋の候、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のご愛願を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、恵埜画廊におきまして、秋の茶道具逸品展を開催する運びとなりました。
茶道表千家・裏千家・各流派のお家元御書付や千家十職の作品をはじめ、茶道具150点余を一堂に展示致します。
なにとぞこの機会にご来場賜わります様ご案内申し上げます。
■09.19(金)~09.29(月) 阿部 泊船 書作展― 書の風景 ―
『壷』   たたなずく山々、たゆたう川、白き夏、玄き冬。
自身の描く書風景、そして、拙き生はどう変わりゆくのか。
文字が書へと昇華するときを求めてやみません。
2008年10月
     
■10.02(木)~10.12(日)   美崎 光邦 作陶展
『粉澱淡彩瓷扁壷』   小さい頃川原で見付けた、きらっと光る石を大切にしていたことがあります。今でも焼物にそんな喜びを求めています。
するどい稜線を淡い長石釉で抑えた器を作りました。 形と共に時の移ろいを楽しんでいただきたく思います。
ぜひご高覧下さい。
 
■10.16(木)~10.26(日)   加藤 朝美 彫刻展
手前 『ボルツァーノ大聖堂』 奥 『リオ・デ・プステリア』   国内では美ヶ原高原美術館、小国町健康センター、酒田市民会館「希望ホール」などに作品が所蔵・展示されている。
ローマ在住29年。イタリア国家検定スキー教師のライセンスの持ち主。
■10.29(水)~11.03(月) 焼〆・粉引・灰釉・白磁
『森岡 成好・由利子 陶芸展』
『焼〆壷』 成好   野や山に果実や木の実が実る季節。今回は種子島と石垣島の土を使って焼いた森岡さんの器がやってきます。
太古より器は実りのものを盛り 食し、たくわえそして神への捧げる為の祭器でもありました。それらの用の記憶を醸しだすような森岡さんの器はこのうえなく使いやすく食の美味しさもより増してくれます。
この機会にぜひご覧ください。
2008年11月
     
■11.07(金)~11.16(日)   月心窯 本村 満文・幸 作陶展
『伊賀耳付水指』 満文    
■11.20(木)~11.30(日) 第十回 野桜会展
設楽雅美 『秋の日』 4号   野桜会とは、山形で育まれた感性を基に、芸工大らしさを発揮できるような卒業生の制作・発表の場として、また、日本に於ける一つの芸術の発信地となるべく発足しました。
同時開催の天童市美術館では100号以内の作品を、画廊では4~6号の小作品を展示いたします。是非この機会にご覧いただきますようご案内申し上げます。
2008年12月
     
■12.05(金)~12.14(日)   歳末オークション【入札会】
歳末オークション【入札会】   日本画・洋画・版画・陶芸・古美術・骨董・茶道具 他
歳末に様々の美術工芸品が揃いました!
ぜひこの機会をお見逃しないよう、お待ち致しております。
■12.19(金)~12.28(日) 暮・迎春に飾るもの愉しむもの展
暮・迎春に飾るもの愉しむもの展   掛軸・日本画・油絵・版画 陶芸・ガラス・ぐい呑特集他
 
〒990-0042
山形県山形市七日町2-1-38
◆電話:023-623-3140
◆FAX:023-623-3140
◆E-mail:info@yoshino-garo.jp
◆営業時間:10:30~18:30
◆定休日:火曜日
 
 
 
 
大内晴夫 新作展
2017.10.05(木)~10.15(日)
-古代オリエントより西欧アンティークまで-ガラス工芸・古美術とアンティーク・アクセサリー展
2017.09.21(木)~10.01(日)
長谷川雄一 木版画展
-原版彫りすすめによる多色摺り木版画-

2017.09.07(木)~09.17(日)
夏のオークション 入札会
2017.08.19(土)~08.28(月)
古今;GENDAI@JO-SETSU展
-夏期 恵埜画廊常設展 ~現代アート編~-

2017.07.21(金)~07.31(月)
-自画・自刻・自刷のメゾチント-
生田宏司 新作銅版画展

2017.07.06(木)~07.16(日)
-木彫- 山髙龍雲 仏像彫刻展
2017.06.23(金)~07.03(月)
濱田友緒 陶・新作 展
2017.06.08(木)~06.18(日)
迫 二郎 クリスタル吹きガラス展
2017.05.25(木)~06.04(日)
大分・安心院町萱籠 竹工房 オンセ
高江雅人 竹の手しごと展

2017.05.11(木)~05.21(日)
第20回 花展-油彩・版画- 山形ゆかりの作家による
2017.04.20(木)~04.30(日)
恵埜画廊開設26周年記念
高内秀剛 作陶展

2017.04.06(木)~04.16(日)
-天然石と古代ローマガラス-
松屋和子 創作ジュエリー展

2017.03.17(金)~03.26(日)
ふるさとの心象風景を描く
―孤高の画家― 布施哲太郎遺作展

前期:2017.03.03(金)~03.13(月)
後期:2017.03.29(水)~04.02(日)
お雛様と春を飾り・祭る展
2017.02.02(木)~02.19(日)
新春 絵画・工芸展
2017.01.07(土)~01.22(日)
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年