第九回 野桜会展
 
 
東北芸術工科大学 日本画卒業生有志展
 
 
日本画卒業生・大学院生一同
 
 
特別賛助出品 東北芸術工科大学 日本画コース教員
 
 
平成19年11月1日(木)〜11日(日)
 
 
午前10時30分〜午後6時30分
 
野桜会とは、山形で育まれた感性を基に、芸工大らしさを発揮できるような卒業生の制作・発表の場として、また、日本に於ける一つの芸術の発信地となるべく発足しました。
今年も天童市美術館と恵埜画廊の二会場での同時開催をさせて頂きます。天童市美術館は100号中心の大作をそれぞれ展示いたしておりますので、こちらもあわせてご覧下さい。
・・・出品人数OB、博士、大学院生31名、教員8名。
天童市美術館会場の日程
平成19年11月1日(木)〜18日(日) 月曜休館
午前9時30分〜午後6時00分(入館午後5時30分まで)
入館料
一般400円/高校・大学生200円/中学生以下100円
(小・中学生土曜日無料、団体20名様以上2割引)
   天童市美術館
   〒994-0013  山形県天童市老野森1-2-2
   TEL:023-654-6300
 
出品作品 artwork (会場/恵埜画廊)
 
 
  須田 千恵 『オデカケ』 F4
 
  今回は中田朝乃 『Human Portrait』F4と須田さんの2名を恵埜賞として選考いたしました。
前回の田中敦子さん、鬼塚堅太さんと4名で来春作品展を予定致しております。 【前回の野桜展情報
 
 
出品作品 artwork (会場/天童市美術館)
 
 
  片柳 直美 『みちシリーズT』   
  ”私にとって「線」は重要な存在で、みちの構成がその連続と考えればそれは魅力的な対象となります。”(会場コメントより)  
   
  廣瀬 直子『NOW』 125×145  
  高橋 誠 『記憶』 F100  
 
野桜会展の様子
 
 
 
会場奥左から高倉 未知 『日輪』  西山 智恵 『 u 』
 
 
 
 
会場/恵埜画廊
 
   
  会場/天童市美術館  
   
  天童会場 
手前・末永 敏明 『Blaue Turm-Genesis 青い塔−創世記』
右奥・平成19年度野桜賞受賞作品 尾坪 大輔 『Vektor』
 
   
 
会場/天童市美術館
 
 
出品作品 artwork (会場/恵埜画廊)
 
 
 
久野 真穂 『無題』 F4
 
 
 
 
一ノ瀬 絹子 『還る』 F4
 
 
 
 
齋 正幾 『黄金ヲ行ク』 F4
 
  今回は新たに齋 正幾先生、武部 雅子先生にもご参加頂きました。第9回野桜会の為に書き下ろした新作をご覧頂くことが出来ます。  
 
 
 
岡村 桂三郎 『白象』 F4
 
 
 
  番場 三雄 『大同石仏』 F3(拡大)  
  日本美術院展で大観賞を受賞された番場先生の新作。  
   
  長沢 明 『ピコ』 F4  
   
  武部 雅子 『きんもくせいの窓』 F4  
   
  梅原 幸雄 『ほほえみ』 F4  
   
  阿良山 早苗 『小さな花束』 F4  
   
  須田 健文 『暖気』 F4  
   
  谷 善徳 『月の水』 F4  
  谷先生は第92回日本美術院展で奨励賞を受賞  
     
 
 
 
  Copyright © 2006 Yoshino-Garo. All rights reserved.