〈自画・自刻・自刷〉  
  生田 宏司 新作 銅版画展  
  平成19年7月19日(木)〜7月29日(日)  
  21日(土)・22日(日)作家在廊  
  午前10時30分〜午後6時30分 火曜定休  
 
1953年
1976年
1986年〜

1987〜88年
2001年 
2001年 
2002年 
2004年
2005年

2006年
山形県鶴岡市 生まれ
多摩美術大学絵画科日本画専攻卒
アメリカ・スペイン・韓国・ポーランドの国際ミニチュア版画展・国際蔵書票展にてグランプリを8度受賞
ワークスオンペーパー展買上賞(USA)
ゴルツ美術館個展(フランス)
シャマリエール国際版画センター個展(フランス)
ドービニー美術館個展(フランス)
致道博物館にて個展(山形県鶴岡市)
バルク・オリエンタル・モレヴェリエにて個展(フランス)
シャマリエール国際版画トリエンナーレ展 来館者最多得票賞(フランス)
 
  [パプリックコレクション]
スミソニアン博物館(USA)
クラコフ国立美術館(ポーランド)
台北市立美術館(台湾)
ドービニー美術館(フランス)
現代版画美術館(ノルウェー)
千葉県立美術館
佐倉市美術館
その他多数
 
  漆黒を背に、繊細な無数の白い線によって姿を表わす梟や、透んだ色彩の草花など、生命感に満ちた魅力ある新作の数々です。
生田先生は、近年国内外で幅広く活躍し、海外でも高い評価を得ておられます。
この機会にぜひご覧下さいます様ご案内申し上げます。
 
  恵埜画廊 岩田 和恵  
版画展の様子
日本国内はもとより、フランスをはじめとした海外でも活躍中の生田宏司先生。今回は2年ぶりの山形での作品展です。
2006年・2007年の新作を展示中です。
 
展示作品 artwork
『芽生えるU』 250×365mm
『ねむのき』 120×210mm
『Cathe`drale カテドラル』 100×80mm
この作品は、FranceのMetzという街で行われた個展で作成された記念作品です。会場で、期間中応募用紙にご記入頂いた方に、抽選で2名様にこの作品をプレゼント致します。
ヨーロッパの中世を彷彿とさせる素敵な作品です。写真では見えにくいですが、小さな画面には様々なモチーフが描かれています。
どうぞ奮ってご応募下さい。
『五つの苺』 120×210mm
『幸せの白梟猫』 120×210mm
『ミッシェルの愛するメンフクロウたち』 170×260mm
 
 
 
Copyright © 2006-2007 Yoshino-Garo. All rights reserved.