迫 二郎 吹きガラス展  
  平成19年6月7日(木)〜17日(日)  
  午前10時30分〜午後6時30分 火曜定休  
  迫 二郎  
 
1956
1979
1985
1986


1987
1992
1994,96
2002
2003
2004
2005
2006
〜2007
熊本県生まれ
多摩美術大学ガラスコース卒業
茨城県笠間市にガラス工房開設
赤坂 乾ギャラリー
渋谷西部・松屋銀座にて個展
以降、銀座松屋個展〜2005
日本のガラス展
日本橋粟津画廊にて個展
日本とドイツの作家展(ドイツ)
大阪大丸にて個展
鹿島神宮モニュメント奉納
ホテルオークラにて個展
岡山ギャラリー濱田にて個展
鐵竹堂瀧澤記念館にて個展
恵埜画廊にて毎年個展
 
 
展示作品 artwork
『花器』
『ペーパーウェイト』
 
ガラス展の様子
左から『ペーパーウェイト』・『ヒップボウル』・右奥『高杯』
『香水瓶』
 
 
展示作品 artwork
『遊銀彩硝子花器』
『遊銀彩花器』
『ぐい呑』
『プレート』
ガラス展の様子
左から『香水瓶』・『遊銀彩花器』・『香水瓶』
『遊銀彩茶』
この模様は、融けた銀が雫になり、ガラスの表面で転がった軌跡。 窯の中で様々な条件が重なり、このような虹色の肌があらわれる。 (原料熔解時や制作時の状態、温度、加熱、冷却の回数、時間、ガラスの成分等)
 
 
 
 
 
Copyright © 2006-2007 Yoshino-Garo. All rights reserved.